team-aries 人気の iPhone アプリ2本、これまでのメディア掲載情報まとめました

はじめまして。team-aries(チームアリエス) の Eri です。普段は主にデザイン業務を担当しています。先日 Weavy のアプリを開発する際も、アプリアイコンや Web ページのデザインを行いました。文章を書くのはあまり得意ではありませんが、これからは少しずつブログ記事を書いていこうと思っています。どうぞよろしくお願いします!

さて、team-aries ではこれまでにいくつかの iPhone アプリをリリースしております。その中でも「撮る猫(猫写真専用カメラ)」と「でか文字スコープ(使いやすい拡大鏡)」については、たくさんのブログやレビューサイトのほか、テレビ・新聞・雑誌・書籍等様々なメディアに取り上げて頂いております。本当にありがたいことです。 それらについて今まできちんとご紹介できなかったのですが、ブログを開始したのを機にまとめてご紹介させていただこうと思います。(当方で把握しているものに限ります。)

人気アプリ2本を紹介します

まずは簡単にそれぞれのアプリを紹介させていただきます。
まだ「撮る猫(猫写真専用カメラ)」や「でか文字スコープ(使いやすい拡大鏡)」を知らない・使ったことのない方も、こんなアプリがあるのか、と知っていただく機会になれば幸いです。

「撮る猫(猫写真専用カメラ)」とは?

撮る猫」(英語名は Kittycam)は、その名前の通り、猫を撮るためのアプリです。猫の写真を上手に撮りたい!という思いから作ったアプリです。

この「撮る猫」、初回リリースからすでに3年以上経っていますが、最近は猫ブームでまたまた注目されております。累計ダウンロード数は 24万回以上の人気アプリです。(2016年9月17日現在)

猫は「寝(る)子」というだけあって、毎日よく寝ていますよね。猫が寝ている(動かない)時は写真を撮るのはそう難しくはないので、良い写真が撮れることも多いと思います。猫が寝ている時の写真はとても癒されるものですが、せっかく撮るならカメラ目線が欲しかったりしますよね。

そう、問題は動いている時の写真なんです。
猫は気まぐれなので、カメラを向けた時に限ってそっぽを向いてしまったりするのです。おもちゃで遊んでいるところを撮ろうと思っても、動きが早いのでシャッターチャンスを逃してしまうこともしばしば。
そんな時に、ぜひこの「撮る猫」を使ってみてください。撮る猫は常にシャッターを切り続けているので、決定的な瞬間を逃さずにすみます。また、本物の猫の声を「にゃあ」と出して、猫ちゃんにカメラ目線を貰うこともできてしまうんです。

ダウンロードは App Store から

上記以外にも便利な機能がたくさんあります。詳しい機能については、App Store のページや アプリ紹介 のページを参照してみてください。無料で使えます!

「でか文字スコープ(使いやすい拡大鏡)」とは?

でか文字スコープ」(英語名は magniscope)は、アプリのサブタイトルにもあるように、誰でも簡単に使える拡大鏡のアプリ です。

こちらの「でか文字スコープ」も、初回リリースからすでに3年以上経っていますが今でも AppStore の「仕事効率化」カテゴリで 60位以内に入っている人気アプリです。累計ダウンロード数は 82万回以上になります。(2016年9月17日現在)

小さくて読みづらい文字を読みたい時に、虫眼鏡や老眼鏡を出してくるのが面倒くさいってことありますよね。いつも手元にある iPhone が虫眼鏡や老眼鏡の代わりになったらいいな、と思って開発したのがこのアプリです。

iPhone のカメラ機能を使っていますので、ピント合わせも自動的に行ってくれるのが嬉しい点です。また、本物の虫眼鏡や老眼鏡ではできない、映像を一時停止したりフラッシュを点灯したりできることもこのアプリの特徴です。老眼鏡がまだ必要のない世代の方にも、工夫次第で色々な使い方ができます。例えばどんな使い方ができるかについては、また近いうちにこのブログで紹介させていただこうかと思っています。

ダウンロードは App Store から

「でか文字スコープ」の詳しい機能については、App Store のページや アプリ紹介 のページを参照してみてください。
無料で使えます!

「撮る猫(猫写真専用カメラ)」のメディア掲載情報

「撮る猫(猫写真専用カメラ)」の、これまでのメディア掲載情報をご紹介します。

「愛玩動物 with PETS」2016年7月号

withpets_2016年07月No250

こちらは、一般販売している雑誌ではなく、日本愛玩動物協会の会員さま向けに発行されている協会機関誌です。購読料は会費に含まれているそうです。

  • カテゴリ:雑誌
  • 出版社 :公益社団法人 日本愛玩動物協会
  • 発行日 :2016年7月15日
  • 掲載箇所:p.28の「おもしろアプリ」のコーナー

カメラ目線をいただき!

記事では、「鳴き声」が出て猫に目線をもらうことができる部分に注目していただきました。

⇒公益社団法人 日本愛玩動物協会の Web サイトは こちら
⇒「愛玩動物 with PETS」の詳細とバックナンバーの購入は こちら

日本テレビ「ZIP!」2016年3月8日放送

朝の情報番組としておなじみの日本テレビの「ZIP!」です。チューモーク! のおすすめアプリ!のコーナーでは、毎回楽しいアプリが紹介されています。

  • カテゴリ:テレビ
  • 放送局 :日本テレビ
  • 放送日 :2016年3月8日
  • 放送内容:「チューモーク! 」のコーナー内、VTR 尺1分程度

究極の猫専用カメラアプリ。
かわいい猫のベストショットをおさめよう!

番組では、アプリソムリエの石井寛子さんがアプリの使い方と特徴を紹介してくださいました。実際に猫カフェに来ているお客さんにアプリを使ってもらっている様子も放送されました。

⇒ZIP! の Web サイトは こちら
⇒ZIP! web チューモーク! バックナンバーは こちら
⇒アプリソムリエの石井寛子さんのオフィシャルブログは こちら

「ねこのきもち」2015年12月号

猫好きさんならもちろん知っている猫雑誌の代表格、あの「ねこのきもち」です。個人的にもこの雑誌は大好きです。内容はもちろん、付録がいいんですよね〜

  • カテゴリ:雑誌
  • 出版社 :(株)ベネッセコーポレーション
  • 発行日 :2015年11月10日
  • 掲載箇所:p.37の「スマホで猫を撮るならこんなアプリも試してみて!」のコーナー

鳴き声で猫の気が引ける

記事では、「鳴き声」が出る機能と SNS へ直接写真を投稿できる機能に注目していただきました。残念ながらバックナンバーは購入できないようですが。。

⇒ねこのきもちの Web サイトは こちら

「キュートな表情、たっぷり見せます 世界の子猫たち 42品種」

世界の猫の品種をかわいい子猫の写真とともに紹介する本です。人気品種ベスト20のほか、世界中の子猫の写真とデータが満載です。

  • カテゴリ:雑誌
  • 出版社 :(株)アントレックス
  • 発行日 :2014年10月7日
  • 掲載箇所:p.109の「撮影アプリを使えば、もっと楽しい写真が撮れる!」のコーナー

かわいい猫の一続きの仕草を一枚に保存した、楽しい優れワザです。

記事では、連続写真を保存できる機能と撮影後にズームできる機能に注目していただきました。 こちらの本は、当時ファミリーマート限定販売とのことで、残念ながら現在は入手できないようです。

「猫のかわいい撮り方手帖 ~うちのコを世界一かわいく撮る~」

nekonokawaiitorikata

猫好きのための、カメラの本。猫を愛してやまないフォトグラファーの3名が猫の撮り方をカメラ初心者にもわかりやすく紹介してくれる本です。かわいい猫写真も満載!

  • カテゴリ:書籍(ソフトカバー)
  • 出版社 :(株)マイナビ
  • 発行日 :2013年7月3日
  • 掲載箇所:p.142の「スマホアプリ」のコーナー

シャッターチャンスを逃さない猫専用カメラアプリ

記事では、シャッターチャンスを逃さない仕組みと「鳴き声」が出る機能に注目していただきました。

⇒書籍の詳細は こちら(kindle版もあります)

その他、紹介してくださっている Web サイトなど

上記の他にも、たくさんのブログや Web サイトでご紹介いただいております。
その全てを当方で把握できているわけではないですが、以下にリンクを貼らせていただきました。

「でか文字スコープ(使いやすい拡大鏡)」のメディア掲載情報

「でか文字スコープ(使いやすい拡大鏡)」の、これまでのメディア掲載情報をご紹介します。

「家庭医学 一家に一冊 データブック ~あなたとあなたの家族を救うメディカルアプリ106本! ~」

kateiigaku

ダイエットやヘルスケア、病院選びや薬の飲み方、などなど、家庭医学に関するアプリを網羅して紹介している、まさに一家に一冊!な本です。QRコード掲載で、その場でアプリをダウンロードできるのも良いです。

  • カテゴリ:書籍(大型本)
  • 出版社 :(株)技術評論社
  • 発行日 :2016年6月25日
  • 掲載箇所:p.26

68万ダウンロード達成! 端末のカメラレンズを通して、画面が虫メガネの役割を果たしてくれるアプリ。もちろんただの虫メガネじゃなく、iOS端末ならではの機能を多数搭載した「超高機能な虫メガネ」です

1ページを丸々使って「でか文字」を紹介していただきました。基本的な使い方やアプリの特徴、利用した方の声なども紹介されています。

⇒書籍の詳細は こちら(kindle版もあります)

「ESSE」2016年7月号

esse2016_07

♪イーエスエスイーえーっせ♪で主婦の皆さまにおなじみのあの雑誌「ESSE」です。毎日のおかずのレシピはもちろん、毎日をハッピーに暮らすための情報が満載。

  • カテゴリ:雑誌
  • 出版社 :(株)扶桑社
  • 発行日 :2016年6月7日
  • 掲載箇所:p.157の「便利アプリで暮らし快適!」のコーナー

ルーペを持ち歩く必要なし!小さな文字がすらすら読める

記事では、ESSE レポーターの方が実際にアプリを使用した時の感想とともに、アプリの特徴をアプリソムリエの石井寛子さんが紹介してくださいました。

⇒ESSE の Web サイト:ESSE onlineESSE web
⇒バックナンバーの購入は こちら
⇒アプリソムリエの石井寛子さんのオフィシャルブログは こちら

九州朝日放送「アサデス。KBC」2015年2月13日放送

福岡で平日朝放送しているローカル番組「アサデス。KBC」です。朝イチスクープ!のコーナーでは、ひそかなブームやご近所の身近な話題などをさまざまな視点で特集しているそうです。

  • カテゴリ:テレビ
  • 放送局 :九州朝日放送
  • 放送日 :2015年2月13日
  • 放送内容:「朝イチ スクープ!」のコーナー

番組では、「ご高齢の方にオススメのアプリ」という内容でご紹介いただきました。 (関東では残念ながら視聴できなかったので、お伝えいただいた内容のみ掲載しています。)

⇒「アサデス。KBC」 の Web サイトは こちら

「週刊女性」2014年7月22日号

みなさんご存知の女性向け週刊誌の定番「週刊女性」です。芸能人ネタはもちろん、旬な話題が盛りだくさん。

  • カテゴリ:雑誌
  • 出版社 :主婦と生活社
  • 発行日 :2014年7月8日
  • 掲載箇所:p.147の「お医者さん代わりの健康系アプリ!」のコーナー

小さな文字もラクラク読めちゃう
本や新聞などの上に iPhone をかざすだけでOK。

記事では、自動ピント合わせの機能やフラッシュ点灯の機能などについて注目していただきました。

朝日新聞「ボンマルシェ」2013年1月16日号

bonmarche20130116

「ボンマルシェ」は、朝日新聞の朝刊で毎月1回、センター版4ページの体裁で「暮らしの今がある、ステキ情報マーケット」をコンセプトにした特集企画です。

  • カテゴリ:新聞
  • 出版社 :朝日新聞社
  • 発行日 :2013年1月16日
  • 掲載箇所:「「これは便利!」の声、多数 とっさのスマートフォン」特集内、「あると便利!」ゾーン

文字を拡大鏡でグーンと大きく。インテリアスタイリスト茂木雅代さんは「豆粒のような文字を読むときに活用中」

記事では、文字が読みにくい時に「でか文字スコープ」の使用を提案してくださいました。

⇒「ボンマルシェ」 の Web サイトは こちら
⇒「ボンマルシェ」 の バックナンバーは こちら

その他、ご紹介いただいた Web サイト

上記の他にも、たくさんのブログや Web サイトでご紹介いただいております。
その全てを当方で把握できているわけではないですが、以下にリンクを貼らせていただきました。

 

感謝!そして、、

こうしてまとめてみると、本当にたくさんの方々に使っていただいき、紹介していただいているんだなぁとあらためて実感しました。本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます! そして、これからも末長く使っていただける(愛される)アプリでありたい。そう願っております。

そのために team-aries ができること、それはやはり、すでにアプリを使っていただいている皆さんの期待に応えることだと考えています。 アップデートの要望、機能追加の要望、お叱り(?)の声、などなどをたくさんの方にいただいております。

必ずしも皆さまのご要望すべてにお応えすることはできませんが、少しずつでも着実に前に進んでいければと考えています。

というわけで、これからも team-aries のアプリをどうぞよろしくお願いいたします !

team-aries のアプリをご紹介いただく際は、特別許可を取ってもらわなくても大丈夫です。
ですが、ご一報いただけると喜びます。ご連絡は お問い合わせフォーム よりお願いします。