「マジカル時計」大型アップデート!バージョン 3.0 をリリース!

「マジカル時計」大型アップデート!バージョン 3.0 をリリース!

こんばんは、team-aries の Eri です。3月になり少しずつ春の気配を感じるようになってきました。モフモフの冬毛に包まれた team-aries の看板猫たちも、だんだんとボリュームダウンしてきているような気がします。

さて、作業効率アップのためやインテリアとしてもご利用いただいている「マジカル時計」の大型アップデート版(バージョン 3.0)をリリースいたしました! そこで、「マジカル時計」の魅力や活用法とともに、今回のアップデートで追加された新機能の詳細についてもご紹介させていただきます。

「マジカル時計」とは?

まずは簡単にアプリの紹介をさせていただきます。

実はこのアプリ、team-aries のアプリの中でも、長く使い続けているユーザー様が特に多い人気のアプリ なんです。

マジカル時計」は、ひとことで言ってしまえば「時計アプリ」なのですが、普通の時計アプリとはちょっと違っています。その名の通り「マジカルな時計」なんです! …とまぁ、これだけ聞いても何のことやら?ですよね。

一体どんなところが ”マジカル” なのかと言いますと、ズバリ「タイムシフト」「タイムワープ」「タイムアクセル」という3つの機能を持っている ところなんです。

以下では、上記3つのマジカルな機能とその他の基本的な機能について、それぞれ紹介していきます。

時間をあやつる魔法の時計

iPhone と iPad で使えます。 iOS11 / iPhone X にも完全対応。もちろん無料です!

マジカルな機能その(1)「タイムシフト」

「タイムシフト」機能は、時計の表示をシフト(=進めたり遅らせたり)することができる機能です。

例えば、5分だけあらかじめ時計の表示を進めておけば、いつもよりちょっとだけ余裕を持った行動ができるようになるかもしれません。電車の乗り遅れや遅刻防止に役立つと思います。

「タイムシフト」機能は、マイナス30分からプラス30分の範囲で表示時刻を変更できますので、いろいろなアイデアで時間を有効活用してみてください。

「タイムシフト」機能。マイナス30分からプラス30分の範囲で表示時刻を変更できます。

また、今回のアップデートで「タイムシフト」機能に「1日が始まる時刻」を変更する機能も追加しました。この機能については、この記事の下の方で詳しくご紹介します。

マジカルな機能その(2)「タイムワープ」

「タイムワープ」機能は、1日あたり何時間とするか、1時間あたり何分にするか、1分あたり何秒にするか、を設定できる機能です。つまりこの機能を使えば、1日の長さを変更することができるんです。

例えば1日を25時間にしたら、1時間の長さは本当の時間よりも少し短くなります。 会議中やデスクワークの時にマジカル時計を見える位置に置いておけば、知らず知らずのうちに効率アップ。 余った時間はボーナスタイムとして使うことができます!

この機能については、とてもわかりやすい活用法を livedoor NEWS(文春オンライン)様のサイトでご紹介いただきました!是非ご覧になってみてください。

■ 「1日が26時間あったら」を叶えてしまうiPhoneアプリがスゴイ
http://news.livedoor.com/article/detail/14116576/

テクニカルライターの山口 真弘様、本当にありがとうございます。遅ればせながら、この場でお礼申し上げます。

マジカルな機能その(3)「タイムアクセル」

「タイムアクセル」機能は、時間の進む速さを変更できる機能です。
2倍に設定すれば12時間で1日が過ぎ、24倍にすればゲームの世界のように1時間で1日が過ぎる時間を体感できます。

その他の機能

上記で紹介した “マジカルな機能” 以外の機能もいくつかご紹介します。

普通の時計として

「マジカル時計」は、もちろん普通の時計としてもご使用いただけます。 普通の時計としても見やすいように、マジカル時計は大きめのデジタル表示を採用しています。
また、縦向きでも横向きでも使用できます。

本当の時間も表示できます

上記のような “マジカルな機能” を使うと、本当の時間がわからなくなってしまうのでは?と心配された方もいるかもしれません。大丈夫です!「マジカル時計」には、本当の時間を表示する機能も備わっています。本当の時間は、左上に小さく表示できるようになっています。表示する・しないを選択できるので、その時の用途に応じて活用してみてください。

iPad マルチタスク機能に対応

「マジカル時計」は、iPad のマルチタスク機能(Split View / Slide Over)に対応しています。
この機能を利用すれば、他の App を使用しながらいつでも「マジカル時計」の時刻を確認できるので、時間をより有効活用できるようになるのでは、と思います。

※マルチタスク機能(Split View / Slide Over)については、以下の Apple のサイトをご覧ください。
■ iPad でマルチタスク機能を使う
https://support.apple.com/ja-jp/HT207582

バージョン3.0 新機能

さて、ここまで「マジカル時計」の主な機能についてご紹介してきました。
ここからは今回リリースした バージョン3.0 での新機能や変更点についてご紹介させていただきます。

全体的な変更点

まずは新機能ではなく、全体的な変更点からご説明します。

iPhone X / iOS 11 に対応しました

iPhone X をご利用の皆様、お待たせしました!
今回のバージョンアップで、これまでサポートできていなかった iPhone X にも正式に対応いたしました。
また、最新の iOS 11 にも正式に対応いたしましたので、より安全で安心してご利用いただけます。(iOS 10 より対応)

iPhone X 横向き
iPhone X たて向き
ユーザーインターフェースを刷新

ユーザーインターフェースを刷新して、よりわかりやすくスタイリッシュなデザインに変更しました。

メイン画面では、以前のバージョンまでは常に表示されていた「チャイム音の ON/OFF」ボタンと「設定」ボタンを非表示にしました。これらのボタンは、画面をタップすると表示されるように変更しましたので、だいぶスッキリとした印象になったと思います。
さらに、これまではメイン画面をスワイプすることで「タイムシフト」の設定と「背景の透明度(明るさ)」の設定が変えられるようになっていました。今回のバージョンではこれらの機能も、画面をタップすることで調整するスライダーが出てくるように変更しました。これにより、画面を触ったときにうっかり設定が変更されてしまうということも防げるようになりました。

また、設定画面については、機能の分類を見直して全面的にユーザーインターフェースを刷新しました。各設定項目を階層構造で配置することで、どの機能がどこにあるのか見つけやすく、これまでよりもわかりやすい構成になったと思います。

新しくなった設定画面(iPhone)。
新しくなった設定画面(iPad)。

デザインについても、今回は全体的に見直しました(正直これまではこのアプリをリリースした当時のデザインをそのまま使っていたので今となってはちょっと古臭く感じてしまうところがあったかもしれません)。

デザインのカスタマイズを強化

背景のデザインや時計の表示などを、もっと自分好みにカスタマイズできるようになりました。
私たちは以前から、このアプリをインテリアの一部としても使用してもらいたいという想いがありました。そのためには、ユーザーの皆さんが気に入ったデザインにカスタマイズできる機能が必要だと考えました。

自分好みにデザインをカスタマイズできます。
選べる背景

前バージョンまでは2種類の背景から好きな方を選べるようになっていましたが、本バージョンでは選択できる背景の種類を大幅に増やしました。
選択できる背景の中には、以前よりご要望のありましたアナログ時計のデザインも含んでおります。ただし、このアナログ時計は通常の時計と異なり、短針が1周で1日となる「24時間時計」となっています。これは、本アプリのメイン機能である「タイムワープ」機能を使うと、通常(短針が1周で12時間)の時計とはどうしても辻褄が合わなくなってしまうためです。デジタル表示とともに背景として表示させて活用していただければと思います。

背景の設定画面。いろいろな背景を用意しました。

また、アドオンをご購入いただくと、カメラロール内の画像から好きなものを背景として設定できる機能もご利用いただけます。(※アドオン購入で、広告が表示されなくなり、フォントも選択できるようになります。すでに旧バージョンでご購入いただいている場合は、これらの機能は利用可能です。)

小島さんの写真を背景に設定してみました(iPhone X)。
選べる効果

背景デザインをより引き立てるものとして、動く星や光などの効果を設定できるようになりました。これらは iPhone X の画面焼きつきの防止にも役立ってくれるかもしれません(新しい有機ELの画面を搭載した iPhone X は、稀に焼きつきが発生する場合があるのだそうです)。効果は OFF にもできます。
背景のデザイン・明るさとともに、自由にカスタマイズしてみてください。

効果の設定画面。いろいろな効果を用意しました。
選べる文字サイズとレイアウト

時刻表示の文字については、もう少し小さくしたいというご要望をいただいておりました。そこで、文字の大きさを3段階から選べるようにしました。文字を<中>または<小>にした時には、画面上のどの位置に表示するかレイアウトを9か所から選択できるようにしました。
さらに、秒の表示をする・しない、する場合は「画面右下」または「インライン」での表示かも選べるようになりました。

レイアウトの設定画面。文字サイズと表示場所もカスタマイズ可能。
選べるフォントと色

フォントの色も、15種類の色の中から選べるようになりました。
また、アドオンをご購入いただくと、好きなフォントを選べるようになります。
背景画像と合わせて、色々と試してみてください。

フォントの設定画面。フォントの種類と色が選べます。

その他の追加機能

1日の開始時刻をシフト

1日の始まりの時刻を、本当の時刻からシフトして(最小30分から最大23時間30分・30分刻みで)表示することができます。こちらも以前からご要望いただいていた機能です。(タイムシフトと似ていますが、タイムシフトの機能は、現在時刻からマイナス30分からプラス30分の範囲で表示時刻を変更できます。)
この機能を使うと、本当の時刻と合わせて表示することにより、世界時計のような使い方もできるようになります。

1日の始まりの時刻をシフトして表示する設定ができます。
スリープ時刻の設定

「マジカル時計」は、通常の時計としてもご利用いただくことから、アプリを起動し表示している間は基本的に本体がスリープしないようになっています。前のバージョンでは、夜中などはスリープを許可するような設定がありましたが、時間の設定はできませんでした。本バージョンでは、スリープを許可する時間帯を指定できるようになりました。
ただし、一度スリープ状態になると自動的に復帰することは(アプリの機能として)できないのでご注意ください。その場合は再度アプリを表示してくださいね。

スリープを許可する時間帯を指定できます。
そのほかにも

そのほかにも、今回のバージョンアップでの機能追加に伴って、既存デザインの表示の調整や変更をいくつか実施しました。

まとめ

というわけで、今回のバージョンアップでは、主に使い勝手とデザインのカスタマイズ機能の強化をいたしました。この際にぜひ「マジカル時計」をバージョンアップして使ってみてください♪

このアプリが時間を有効活用するアイテムとして、あるいはインテリアとして、皆様の生活の中に溶け込んでいってくれたら嬉しく思います。

また、今回の新機能の中には、皆様からのレビューの内容を参考にさせていただいたものもいくつかございます。貴重なご意見をありがとうございました。 なかなか開発のスピードが追いつけないのが現状ですが、レビューやご要望をいただくと大変励みになります。お手数とは思いますが、今回の新機能の評価についても、またレビューをいただけると大変嬉しいです。

それでは、今後とも応援よろしくお願いいたします。

時間をあやつる魔法の時計

iPhone と iPad で使えます。 iOS11 / iPhone X にも完全対応。もちろん無料です!